文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

倉庫業健康保険組合加入のご案内

当健康保険組合は、総合健康保険組合として昭和37年10月に厚生大臣(現厚生労働大臣)の認可を受けて設立し、政府に代わって健康保険に関するすべての事業を行っている公法人です。
当健康保険組合にご加入いただきますと、協会けんぽと比べて保険料・医療費の負担が軽くなり、当健康保険組合独自の付加給付や各種保健事業をご利用いただけるようになります。貴社の経費削減、健康管理対策にお役立てください。

倉庫業健康保険組合の沿革

倉庫業健康保険組合にご加入いただける事業所

加入のメリット

メリット1 : 保険料負担が軽減されます

当健保組合平均給与・賞与額で見ると(介護保険料含む)
年間1人当たり13,664円の軽減

当健康保険組合と協会けんぽを比較すると健康保険料率が低く、従って賞与からの保険料も低額となり、事業主・被保険者の負担が軽くなります。

■ 健康・介護保険料率と保険料額(試算)の比較

【試算条件】当組合の標準報酬月額:340,000円/当組合の標準賞与額:800,000円

  • 負担割合は、事業主、被保険者で折半です。介護保険料率は、毎年度見直しを行います。

メリット2 : 医療費の自己負担が軽くなります

当健保組合独自の付加給付により
最終自己負担額 約40,000円

健康保険では被保険者とその家族の病気やケガに対して法律で決められた給付が行われますが、当健康保険組合では、それにプラスした独自の付加給付が受けられます。

■ 高額の医療費負担をした場合、医療費の最終自己負担の比較

  • 70歳未満の方の場合

■ 協会けんぽとの医療費の最終自己負担額比較

【試算条件】医療費1,000,000円/窓口自己負担額300,000円の場合(70歳未満)
  被保険者の所得区分 協会けんぽ 倉庫業健保
  • ( )内は付加給付
最終負担額 83万円以上 254,180円 40,080円(214,100円)
53万~79万円 171,820円 40,020円(131,800円)
28万~50万円 87,430円 40,030円(47,400円)
26万円以下 57,600円 40,000円(17,600円)
  被保険者の所得区分 協会けんぽ 倉庫業健保の付加給付
死亡したとき 本人 50,000円 50,000円プラス一律20,000円
家族 50,000円 50,000円プラス一律10,000円

メリット3:充実した保健事業がご利用できます

事業所の被保険者、そのご家族の皆さまの健康保持・増進のための事業として、健康診断・保健指導を中心とした疾病予防事業、保養施設、各種イベント等の事業を実施しております。

  • きめ細かい健康管理事業の実施
    特定健康診査・特定保健指導の実施と併せて、組合独自の健診である生活習慣病健診や人間ドック等を保健事業の中心に積極的に実施するとともに、40歳未満の者にも保健指導を実施するなど、年齢に関係なく、効率的できめ細やかな健康管理事業の実施しております。

    健康診断等

    その他の疾病予防

  • 各種イベントの開催や宿泊施設等の利用補助の実施
    健康ハイキング等のイベントの開催や、健康づくり施設(日帰り施設・宿泊施設)の利用助成を行なうなど、被保険者・被扶養者の心身の健康づくりのための事業を実施しています。

    体育奨励事業

ページ先頭へ戻る