文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

健康診断等

各種健康診断・人間ドックについて

組合ではみなさんの健康管理にお役立ていただけるよう、年齢・性別に応じた各種健診をご用意しています。
健康管理、疾病の早期発見、疾病予防のために、年1回必ず受診しましょう。
なお、組合では、健診結果をもとに、加入員の皆さまの生活習慣の改善、生活習慣病の重症化予防などの支援(特定保健指導)を積極的に取り組んでいます。
40歳以上の方々につきましては、9月末までのご受診にご協力いただきますようお願いいたします。

簡易生活習慣病健診

対象者

全年齢の被保険者・被扶養者

検査項目

健診検査項目表の通り

受診期間

  • 施設健診 通年(4月~3月)
    • ※特定保健指導実施率向上のため、40歳以上の方は、原則9月末までのご受診にご協力ください。
  • 会場別健診 (秋)11月・(冬)2月

一部負担金

3,000円

受診方法

施設健診(組合が契約する健診機関での受診)

首都圏巡回健診(倉庫健保会館での受診を含む)

会場別簡易生活習慣病健診

生活習慣病健診

対象者

35歳以上の被保険者・被扶養者

検査項目

健診検査項目表の通り

受診期間

  • 通年(4月~3月)
    • ※特定保健指導実施率向上のため、40歳以上の方は、原則9月末までのご受診にご協力ください。

一部負担金

5,000円

受診方法

施設健診(組合が契約する健診機関での受診)

婦人生活習慣病健診

対象者

35歳以上の女性被保険者・女性被扶養者

検査項目

健診検査項目表の通り

受診期間

  • 施設健診 通年(4月~3月)
  • 会場別健診(春)4月~7月・(秋)10月~1月

一部負担金

  • 施設健診 6,500円
  • 会場別婦人生活習慣病健診 5,500円

受診方法

施設健診(組合が契約する健診機関での受診)

会場別婦人生活習慣病健診(春・秋)

人間ドック

対象者

40歳以上の被保険者・被扶養者

検査項目

健診検査項目表の通り

受診期間

  • 通年(4月~3月)
    • ※特定保健指導実施率向上のため、原則9月末までのご受診にご協力ください。

一部負担金

費用の総額から組合補助26,500円(定額)を差し引いた金額

  • ※受診される健診機関により負担額が異なります

受診方法

施設健診(人間ドック)

特定健診

対象者

40歳以上の任意継続被保険者・被扶養者

検査項目

健診検査項目表の通り

受診期間

  • 通年(4月~3月)

一部負担金

1,500円

受診方法

施設健診(特定健診)

2次検査(精密検査)

各種健診受診後の2次検査、精密検査については、保険診療の取り扱いとなります。
2次検査、精密検査を受診される際は、費用の3割を受診者にご負担していただくこととなりますのでご留意ください。

組合が実施する健診の利用が困難な場合(地方のみ)

所在地等の都合により、組合が指定する健診機関等での実施が困難な場合に限り、最寄りの医療機関等において独自に健診を実施していただき、実施後に所定の補助金を支給いたします。

実施する地方健診補助限度額

健診種別 受診者の年齢 補助限度額
簡易生活習慣病健診 全年齢 5,100円
生活習慣病健診 35歳以上 13,000円
婦人生活習慣病健診 35歳以上 19,500円

支給手順はこちら

脳検査事業

東振協との共同事業として実施し、一般医療機関の平均価格よりも低廉な価格で脳検査(MRA・MRI検査)を受診できる医療機関をご紹介します。

実施期間

通年(4月~3月)

対象者

被保険者・被扶養者

実施機関

30年度 脳検査事業実施医療機関一覧表の通り

受診方法

脳検査事業

契約健診機関一覧

30年度 実施健診機関一覧表(簡易生活習慣病健診・生活習慣病健診・婦人生活習慣病健診)

30年度 実施健診機関一覧表(人間ドック)

30年度 実施健診機関一覧表(特定健診)

30年度 脳検査事業実施医療機関一覧表

ページ先頭へ戻る